FC2ブログ
鉄製ゲヱムプログラマ
トライアスロンにはまった老兵ゲームプログラマの徒然…
カナダ後の練習
2日に帰国して3日時差のおかげで早朝から起きれたのでなんとなくサニーのスイムへ、
今回のレースで腰周りのダメージが大きいのでスイムが丁度良いリハビリになるようだ、
それをきっかけに18日まで朝スイム10回皆勤賞で通えた、
8日からはスイムまでの往復を走るようにした、
ダメージがまだ残っていて最初はきつかったが接骨院で針を打ったら一気に楽になった、
木曜夜の皇居ラン10Km2回、14日の夜は国立のランに参加、と
気づいたら結構な練習量になっているのでは?…
足してみるとスイム15日間で約27Km、ラン10日間で約95Kmとかなりの距離になっている
普段のこまめな練習は負担が少なくていつの間にか距離が稼げる事を今更実感、
疲れもかなり取れてきて体も軽くなってきた、そろそろバイクのロングライドも復活かな?
スポンサーサイト



大山トレイルラン
よく練習を一緒してくれるエクステラ仲間と自分の5人で大山へトレイルラン、
雨が降っているけども決行!、秦野に集合して出発、権現山に10程で展望台、曇りで残念、
仲間とトレイルランだと楽しく林の中だとあまり雨が気にならない、
途中長めの登りがあり思い切って心拍をあげて上り続けたらその後力が入らなくなる、
どうやら久しぶりのハンガーノックらしい、結構食べ物を持っていたのでこまめに何回も補給をしてみたがすぐに胃がキュウッと締め付けられるように空腹になる、
ほとんど普通の登山ペースで大山頂上に到着、思えば小学校4年の遠足以来の大山頂上だ、
寒さもありカップラーメンを買って食べた、落ち着いたので雨宿りをしつつ一息ついていた、
するとおばちゃんたちがズケズケと入り込んでくるので退散するように再スタート、
楽しい下りのラン、でも脇腹に爆弾を抱えてるので慎重に進む、石場が多い、
去年初めて買ったトレランシューズは濡れた岩場等に弱くさらに慎重になった、
終盤に案の定滑り尖った石に尻餅をつき短パンが裂けてしまった、買ったばかりの高いものだったのでショック。
思ったよりも早めに戻りスーパー銭湯により館内でビールで乾杯して食事で極楽、
帰りの電車は少し込んでいるのでバラバラに座りみんなコックリコックリ、
夜は再びチームYの壮行会で再開、浴びるように酒を飲んでレースの目標を語り盛り上がった。
変換 ~ 秦野~大山トレラン

トレイル試走2
前回のトレイル後2日程は足腰の激しい筋肉痛で歩くのもヨチヨチ歩き、
もっと鍛えないとレースで辛そうだと思い今週も「名栗U字連山スーパートレイルラン」の試走に行った、
今回は8時に家を出て10時にトレイルラン開始、
本来のコースの名栗湖の周回はスキップして白谷沢へ入る、途中登山者集団で渋滞している時に後ろからトレランらしきスタイルの人が後ろから来た、
聞くとレースに出るとの事でAさんと意気投合して一緒に走ることに、
Aさんはレースコースそのままに名栗湖を一周してからきているとの事、東京からの連れのお二人は名栗湖周回をショートカットして先行しているらしい、
沢山の登山者と挨拶を交わしながら最初のピークの棒の峰の見晴らしで先行の2人と合流、
この先のルートは良く知らないとの事なので楽しそうなグループということもありこの先も案内がてら同行させて頂く事にした、
棒の峰から先はアップダウンがさらに激しくなり登山者はほんの数人しか見かけなくなる、
先週の晴れとは打って変わり今日は曇り、高度が高くなると共に霧の中へ、いつもなら絶景の日向沢の峰手前の鉄塔でいったん休憩&補給、
寒くなってきたのでウィンドブレーカーを羽織る、でも日向沢の峰までは急登りなので暑くなる、荷物の上から羽織れる大きなウィンドプレーカーが便利とグループの方が言っていた、参考になった。
最高点の日向沢の峰、ここからは後半という感じ、有馬山に向かってすすむ、途中藪が深い入り口とジープロードの合流点がある藪が深いので有馬峠までの1キロ程をジープロードを進んだ、
有馬峠で大会運営スタッフの方々と遭遇、藪の区間は本大会でもジープロードにするとの事だった、
また、本来300人の定員で募集していたのが予想外に申し込みが多く700名の参加人数に増えたとの事、
駐車場のキャパシティーが心配なので聞いてみたらさわらびの湯の駐車場も使用できることになったらしい、
再び山道に入り有馬山へ向かう、先週は笹を掻き分けて進んだが今日は刈られてあり走りやすくなっていた、大会スタッフの方には頭が下がる、
走りやすく蕨山まですぐにつく、ここからゴールまでは短い登り数箇所で下り中心のテクニカルコース、
有間山からは狭い道はほとんど無く抜き抜かれしやすく自分のペースで行けそうだ、
途中金比羅神社跡で今日も無事戻れた事に感謝して手を合わせてさわらびの湯へ到着。
さわらびの湯近くに戻ってきた時にMTBの二人組みがいたので話してみた所蕨山からここまでの大部分はMTBで下ってこれるとの事、
MTBで走るのも面白そうだ。
同行してくれた3人グループにお礼をいい「またレースでよろしくお願いします」とお別れ、今日は楽しい試走になった、
前回よりも疲れが格段に少ないようだ、少し山に慣れてきた感じがした。

naguriUji.jpg
トレイル試走
朝起きても先日のLSDで心配だった肋骨の痛みがなかったのでひそかに予定していた月末に行われる「名栗U字連山スーパートレイルラン」のコースを試走しに行くことにした、
エネルギー切れを起こさないようにパスタ2人前を作ってほお張り装備の準備をしているうちに家を出たのが10時過ぎ、名栗に着きトレイルランスタートは13時前、
ちょっとゆっくりしすぎたか、
前月試走したときは10Kmほどの地点で道を外して迷子になり舗装路を見つけて帰還、
今回は地図をもう少し調べてガーミンのGPSマップにもルートをセット、
最初は沢登り、数日雨が降り続いた後なので水量が多くてたまにぬかるみもあった、
今日は暑いので沢が気持ち良い、沢を上り最初のピークの棒の峰を目指す、
棒の峰で小休止、パンを食べてすぐ出発、前回道を失って行けなかった日向沢の峰へ、
今回はすんなりたどり着いた、ここが最高点、すでに15:40、この先は比較的やさしくなり下り基調なので何も無ければ日没には間に合いそうだ、でもまったく人に会わないのでこの時間に山奥にいるのは自分だけのようで心細い、
道を間違えないように、怪我をしないように、熊に会わないように慎重に進む、
先日久しぶりに以下のサイトを見た
「熊遭遇顛末」
これを見ると特に一人での山歩きでは熊対策が必要という意識が芽生える。
熊鈴は最近はつけなくなっていたけども今回は付けてきた、
走ると大きい音でカランコロンと鳴り響いて心地よい、寂しさもちょっとまぎれる。
少し進むと分岐に気づかずいきなり10分程ロス、でもその後は有間山、蕨山、金比羅山と
順調に歩をすすめられた、でも足腰がかなりきつくなってきた、
それでも何とか走りながらさわらびの湯に到着してあとは舗装路を1キロ程で到着なので一安心、
無事駐車場についた、18:10、28キロ、5時間15分程かかった、
肋骨の痛みも酷くならずよかった。
今日はこのまま母の日のプレゼントを持って車で実家へ向かいめでたしめでたし。
LSD&ビール
手首は自転車のハンドルはしっかり握ることができない状態、
ちょっとした衝撃が結構手首に響くのでまだバイク練習はやめておこう、
くしゃみをすると肋骨が痛いので息が上がる練習はちょっと無理そう、
でも練習したいので痛くなったら中断の予定で皇居往復33キロLSD、
天気が良くて気持ち良いがちょっと暑い、
原宿等は人ゴミで走れないところもあったけどゆっくりペースの予定なので
丁度よかった、汗を沢山かいたので思ったよりも水分補給が多かった。
久しぶりのロングランだったので程よく疲れてビールが飲みたくなったので
最近近所にできたベルギービールを多く扱うお店「GIGGLE」へ行った、
先週初めて行ったときリクエストしたウエストマールダブルが入っていたので
早速注文、料理もうまい!
他にもベルギーフリークのお客さんがいるらしくヒューガルデンの白生の
取り扱いを検討している模様…実現してくれたら嬉しい。
ニューバイク
宮古島遠征中、ちばサイクルから「注文していたMTBのフレームが入荷した」とのメールが入っていた。
3月に注文し6月~7月頃に入荷予定となっていたので思ったよりも早く手に入った。

P1000136.jpg
オルベアのアルマ

早く乗りたくてシバゴンに「乗りに行こう~」と連絡、
今回のコースは始めての浅間尾根、まずはロードで浅間の尾根まで上る
重量が軽くなりハードテイルになったので踏み込みやすく登りが楽になっている、
尾根に付き林道へ、入り口がいきなり登りのアタックポイントになっている、
かなり難しそうだけど最初にアタックさせてもらった、
初めての時はダメモトで思い切っていける運よくバランスも崩れず一発クリア、
人が失敗するところを目の当たりにしたり失敗したくなくて緊張するとドツボに
はまってクリアできなくなるポイントだと思う、
またアタックして失敗した後に思い切ってアタックできるかが本当の課題だね。
ともあれニューバイクからのご祝儀という感じで楽しくスタート。
しばらくはやさしい登りとちょっとした担ぎポイントを楽しく進んでいく、
ニューバイクはブレーキの感覚を覚えるのが一番大変、スムーズなブレーキができない、
握りすぎたり慌てて緩めたりしてガクガクする、
岩場の下りで一度大きく転倒して左手をついて手首を傷めた、
終点まで近いので痛みを我慢して進む、それでも岩場を下るのはかなり楽しかった。

P1000138.jpg
アルマ君これからもよろしく、オルカと仲良くね。
再始動
結婚式でも喉をつぶしてしまい2日程はほとんど声を出すことができない状態だった、
熱は無く体調は悪くないけども周りに心配されるかも知れないので外に出るのは控えた、
今朝ほとんどのどの痛みがなくなったので体調の確認を兼ねて普段の18キロジョグ、
久しぶりにサラ足で走ったせいか軽やかに走れる、
それでも念のため抑え気味に走るが軽くて気持ちよくスピードに乗っている、
結局ハードアタックした時と変わらない時間で気持ちよく終える事ができた、
風邪気味でしばらく大人しくしていたのが良い休息になっていたのかな?
このまま気持ちよく距離を伸ばせるだけ伸ばして行けるといいねぇ。
激走トレーニング
国立の激走に参加、ここ数ヶ月コンスタントに参加できている、けど前日にロングライド等の
トレーニングをしている事が多く疲れた状態で満足な走りができないでいた、
前日はお台場でジョグしただけなので今日はサラ足に近くいつもよりいい走りができそう、
いいグループができていいペースで走れた、10Kのペース走で41分35秒の自己ベストタイム、
この調子で伊是名につなげたいね。
名栗ノ神様
いつもの名栗へ、今回は旅烏さんと2人、
重いホイールを試すので気楽なロングライドが丁度いい、
名栗到着手前で陸橋のジョイントの深い場所にタイヤが落ち込みリム打ちパンク、
初日からWOの洗礼を受けた、チューブを交換して再スタート、リム打ちした部分が
へこんでしまったのか少し振動している、チューブの交換に失敗して歪ができたのかも
知れないとやり直すが同じなのでホイールの歪による振動らしい、
初日から傷物にしてしまったようだ、
いつもの山のケーキ屋綵珠でカレーを食べた、
P1000047.jpg

すっかり馴染みの店のおばさんがすぐ近くの八坂神社で大祭をやっているというのでお参りを進められた、
毎年10/19に休日に関係なく行われるので今年はたまたま日曜になったらしい、
名栗に長いこと通っている2人なので名栗の神様に呼ばれたか?
バイクシューズでは歩きにくいのでサンダルを借りて八坂神社へお参り、
小さな川を渡ると民家を抜けてすぐに神社
P1000051.jpgP1000052.jpg

小さいけども雰囲気のある神社だ、
P1000054.jpg

帰路についているとき気付いたらホイールの歪が無くなっていることに気付いた、
たぶんリム打ち時に一時的にスポークの一本が詰まっていたのが走行しているうちに直ってきたのか…
いやきっと名栗の神様が直してくれたんだろう。
定例ロング
定例化した名栗ロングライドを平日にやる駄目な子ライド、、今回はともちんと刈りマスさんを新たに加えて駄目な子4人で名栗を案内、
朝は少し肌寒かったもののほぼ快晴で気温が上がり最高のロングライド日和になった、
気持ちよく走っているところを刈りマスさんが自分の走行中の写真を撮ってくれた、
CA3A0149.jpgCA3A0150.jpg

自分のフォームはめったに見れないので参考になった。
木曜日は山のケーキ屋さんがお休みでお茶できなかったのが残念だけどお昼は景色のいい名栗湖でうどんを食べた、
P1000041.jpgP1000042.jpg

おいしかった。
帰りは激坂で刺激を入れて多摩川を戻る、
P1000043.jpg

気持ちよくスピードに乗って気持ちよく150Kmを帰着。
夜は国立競技場の激走RUN、BIKEで使った足でしっかり走る練習、
400Mインターバル12本、途中でダレることなくこなせてホッとした。

テーマ:自転車(スポーツ用) - ジャンル:スポーツ

戦ウ仲間ト
今回も名栗へ、BIKE後に長めのRUNをする予定。
初めてロングライド一緒するTKさんと名栗へ、
昔からのロングライド仲間のSamisa@さんも久しぶりに一緒、
残念ながらブランクがあるので今回は途中のミニストップで引き返し。
丁度アイアンマンハワイが行われていて経過が気になるので2人とも休憩の度にチームYのBBSをチェックする、
秋晴れのいい天気、通いなれたケーキ屋さんで一服、外が気持ちいいのではじめてテラスに座った、
P1000037.jpg

昼からはハセツネのレースもスタート、BBSをチェックすると各所で仲間が戦っている様子が伝わる、
帰りはそのレポートを見たせいか少しテンションが上がりいいペースで進んだ、
帰りには刺激入れに定番の超激坂を攻めて140Kmで帰宅、
ハワイの仲間はそろそろゴールの頃、ハセツネはまだまだ序盤、
途中経過を見て気合を入れてRUNスタート、体はいつもより動くので快調ペース、
19Km程を走り最後の3キロは少しダレ気味だったけども踏ん張り1:45で悪くないタイムで終了。
少しだけ自分も戦った気がした。

テーマ:頑張れ自分。 - ジャンル:日記

名栗練習
みんなで集まって名栗へサイクリングの予定がドタキャンが相次いで旅烏さんと2人でのライド、
今回は短めのコースで帰りに短い超激坂を通過して刺激を入れて戻るコース、
名栗では山のケーキ屋さんでお茶する予定だったけども変更して名栗湖の上流にある釣り場のロッジで
高菜のおにぎりを頬張った、置いたバイクを見ると自分のオルカと旅烏さんのスノーレパード号が兄弟にみえてくる、
P1000034.jpg

結構な距離を一緒に走ってると思う。
超激坂を通って戻る、約140Kmだった、旅烏さんと別れて家に帰ってもまだ16時前、いいペースで練習になった。
バイク後のRUNが課題なので佐渡以後必ず少しでもいいから走ることにしている、9キロを走り本日の練習を終了。
シャワーを浴びて行きつけの成城のスポーツマッサージを受けた。
かえって夜録画した24を1.5倍速で見て夕飯、最近ベルギービールのヒューガルデンホワイトの缶ビールが成城石井で手に入るので買いだめをしてある、
充実感のある疲れがあるときに飲むこの一杯はたまらない。
ネッコマニア
来週MTBとトレイルランのオフロード版トライアスロンのエクステラに初参戦、
MTBのレベルアップのためにプロMTBライダーのタカギマサル氏の講習に
エクステラに参加する仲間と参加、
内容はいかに安定して地面を捕まえてペダリングをするか、
そのためにポジションのセッティングを大きく変更してみることに、
サドルはかなり低くして一番後ろへ引き、クリートも一番後ろへ下げて
回転中のトルクの波を無くすということらしい。
セッティングを変えて木の根が張っている登りに幾度となくチャレンジ
勢いをつけずにじっくりと登る練習、最初どうしても木の根を意識して力んでしまうけど
いかに木の根を気にせずにただの坂としてリラックスして登るかの練習、
うまくいくと木の根にソフトにアプローチしてトルクがかかるようになり無音でしなやかに坂を登って行ける、これがきまると結構快感かも。
この講習で楽に漕ぐポジションや意識について得るものが多く楽しかった、
それ以後MTBに乗るといい張り出し具合の根っこを探してスムーズに通過する練習をする癖がついた…
佐渡合宿3日目
佐渡合宿3日目
昼までにホテルをチェックアウトしないといけないので朝早くからスタート、
大佐渡を行った、天気がよかったけども風がさわやかなので走っていれば気持ちがいい、
晴れているのでひまわり畑が昨日よりもきれいで影も濃い、
P8180093.jpgP8180104.jpg


景色を楽しみながらも時間が限られているので先を急いだ、
P8180107.jpgP8180109.jpgP8180114.jpg

レースで走り抜けるだけではもったいない所だと気づく、
気分がモヤモヤしたりしてるときにはこんな練習がいいかも、合宿に来て良かった!

ひまわりのようになりたい鉄あれいでした。
P8180095.jpg

佐渡合宿2日目
起床して6時から宿近くの海を軽く泳ぐ、
P8170033.jpg

今日のバイクは本番の佐渡大会Aコースの190Kmを走る。
食事をとって出発、暑さを覚悟したけども曇りで真夏にしては練習日和、
P8170044.jpg

最初は景色が雄大な大佐渡方面、
アップダウンのある海岸線、ひまわり畑、海を見渡せる峠と
P8170048.jpgP8170045.jpg

たまに雲が切れて青空も覗かせた。
P8170057.jpg

両津で昼食を食べて再び出発。

ここからは昨日と同じ小佐渡コース、だんだんと晴れてきた、
途中民家の中の小ぢんまりした小道に氷屋さんがありカキ氷のアイスを買った、
お店の軒下に座ってカキ氷に舌鼓を打ってふと見上げると昭和の田舎の縁側にいると錯覚する風景があり少年の頃の夏休みにトリップした、
横にいる2人も「あっ夏休みだ!」と同様にしばらく沈黙。

今日もスイカの販売所でご馳走になり帰路へ、
日が傾いてきたので長い影を引きずる、
P8170072.jpg

着いた頃はちょうど夕焼け
P8170076.jpg

さすがにかなり疲れたけれども5キロだけRUN、
暗くなりつつある海岸を見ながらストレッチ、
ホテルに戻ってシャワーを浴びてベッドに横になって瞬きのつもりで目を閉じたらそのまま寝てしまう、
夜食の待ち合わせに来ない自分を呼ぶ電話で飛び起きて食堂へ行った、
低血糖状態で少し気分が悪くなっていたけども食べてしばらくしたら直ってきた、
その間の会話は支離滅裂だったようだ、ビールも飲み放題なのに2杯しか飲めなかった、
佐渡合宿1日目
トレーニング仲間と佐渡へ合宿に朝一から出発、
P8160003.jpg

誘ってくれたライバルのMさんとロング練習を良くご一緒する女性のCさんとの3人での強行お盆合宿だ。
スキーに岩手へ行っていた頃だろうか?10年ぶり位に新幹線に乗った、
新潟から佐渡へジェットフォイル、両津港から佐田までバスを乗り継ぎ昼には目的地に着いた、
整理券を使うバスもどのくらいぶりだろう…、
子供の頃に田舎へ行った記憶がチラホラと思い出される。

事前に宿に送っていたバイクを組み13:30から小佐渡一週へ出発、
P8160015.jpg

両津までの約15キロ程は田園と街中で東京郊外とあまり変わらない風景が続くが海岸線へ出ると信号がなくフラット中心の道が延々と続く、
途中単独で練習しているDさんというおじさんを追い抜いたけど休憩するとまた先行された,
再スタートしてしばらくすると雨が降り始めたけど寒くは無いので気にならない、そのまま進む、
Dさんに再び追いつき「降ってきちゃいましたね」と挨拶をして先行した、
雨が少し強くなってトラブルで停止しているとまたDさんが先行されて後にまた追いつく、
雨が強くてあまり先を急ぎたくも無いのでしばらくDさんと一緒に走った、
話すうちに共通の知り合いがいることがわかった、
トライアスロンをちょっと長くやっているもの同士で話すとお互いの共通の知り合いがいる場合が多い、
峠に差し掛かるとDさんはマイペース、自分たちは一応練習のつもりなので先に行った、
Dさんとはここでお別れになった。

宿まで残り少なくなったところでスイカの販売所でスイカをたくさん頂いた、
P8160028.jpg

あまりに立派な大きさなので購入して実家にスイカを送った。

戻ってから5キロほどジョグして暗くなった海岸でストレッチ、
ホテルでバイキング形式で食事、うれしいことに生ビールのみ放題!
心地良い疲れでおいしく飲めて満足、部屋に戻り少しだけ3人で部屋で飲みなおして就寝。
にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ にほんブログ村 ゲームブログ ゲーム制作へ