FC2ブログ
鉄製ゲヱムプログラマ
トライアスロンにはまった老兵ゲームプログラマの徒然…
名栗U字連山スーパートレイルレース
今回は試走を沢山しているのでミスコース等の不安は無く楽しみにしていた、これが初トレイルレース、
車で名栗へ行き準備をして会場へ、ポツポツと雨が降り始めてきた中スタート、
最初の5百メートル程がロードのきつい登り、最初なのであまり心拍をあげすぎないように走る、
平坦なロードの名栗湖を回った5キロ弱の地点で28分かかっていた、
ここからトレイルの始まり、白谷沢を上る、
この登りは走れる人は少なく道が狭いので列になって流れにあわせて上っていく、
登って10分程で両足のふくらはぎがつまさきに力を入れたり伸ばしただけで攣りそうになっていた、
かかと加重で慎重に登ることを余儀なくされる、
平坦路や下りで走る時が不安になる、序盤からこれでは先が思いやられる、
しばらく上り一辺倒、ここ数ヶ月の練習の成果か苦手な登りでも徐々に先行者をパスしていく、
棒の峰を過ぎると下りで走り出す、いきなりふくらはぎを攣ってしまい伸ばす、
かかと着地して常につま先を上げる意識で膝で衝撃を丁寧に吸収して進むしかなかった、
ミネラル補給と思い手持ちの宮古で買った塩入黒糖も食べた、
日向沢の峰までは急な登りと短い下りの連続、幾度と無くふくらはぎが攣るので停止してストレッチ、
その度にパスした人にパスされる、雨で踏み後がドロドロで滑りやすいのであえて道を外して登る、
日向沢の峰手前のきつい登りは登っているだけでふくらはぎのストレッチになるので少しずつパスしながら登っていけた。
蕨山まではアップダウンの連続、かかと加重走法も慣れてきて幾分リラックスできるようになり攣る頻度が格段に下がってきた、
ドロドロの下りはかかとを地面に刺すように進むのが有利な場面も多くこの走り方も悪くないかもしれない、
それでもすべる場所はあきらめて滑り台状態で降りた、
蕨山からは難しい場所は無いので一安心、下りも慎重に行くがそれでも次々とパスできた、
でも勢いに乗りすぎてスピードを殺そうとすると相変わらず攣ってしまいストレッチ、
慣れていないかかと加重走法で腿や股関節も攣りそうになってきたので不安材料は増えてきたけども下りが楽しいのでどうしても飛ばしてしまう、
最後の2キロ程で内腿が攣ってしまう、停止して様子を見ても治らないので仕方なく我慢していると走っているうちに緩んでくれたので一安心、
そのまま無事ゴールできた、トラブルを抱えながらも楽しいレースだった。
約700人?の中で111位、思ったよりは良い位置だったかな、次回のレースの予定を入れたくなった。

大好きな名栗での面白いコースでのレースが楽しめたのは充実した大会関係者によるサポートとエイドのおかげです、感謝!


今回のGPSデータをGoogleEarthを使ってステレオグラムにしてみました、
交差法でご覧ください。
NaguriUji2のコピー   NaguriUji.jpg
スポンサーサイト



テーマ:山遊び - ジャンル:日記

大山トレイルラン
よく練習を一緒してくれるエクステラ仲間と自分の5人で大山へトレイルラン、
雨が降っているけども決行!、秦野に集合して出発、権現山に10程で展望台、曇りで残念、
仲間とトレイルランだと楽しく林の中だとあまり雨が気にならない、
途中長めの登りがあり思い切って心拍をあげて上り続けたらその後力が入らなくなる、
どうやら久しぶりのハンガーノックらしい、結構食べ物を持っていたのでこまめに何回も補給をしてみたがすぐに胃がキュウッと締め付けられるように空腹になる、
ほとんど普通の登山ペースで大山頂上に到着、思えば小学校4年の遠足以来の大山頂上だ、
寒さもありカップラーメンを買って食べた、落ち着いたので雨宿りをしつつ一息ついていた、
するとおばちゃんたちがズケズケと入り込んでくるので退散するように再スタート、
楽しい下りのラン、でも脇腹に爆弾を抱えてるので慎重に進む、石場が多い、
去年初めて買ったトレランシューズは濡れた岩場等に弱くさらに慎重になった、
終盤に案の定滑り尖った石に尻餅をつき短パンが裂けてしまった、買ったばかりの高いものだったのでショック。
思ったよりも早めに戻りスーパー銭湯により館内でビールで乾杯して食事で極楽、
帰りの電車は少し込んでいるのでバラバラに座りみんなコックリコックリ、
夜は再びチームYの壮行会で再開、浴びるように酒を飲んでレースの目標を語り盛り上がった。
変換 ~ 秦野~大山トレラン

再発
先週の試走では脇腹の痛みが後半まででなかったので終盤の下りは大きな段差を飛び降りたりとアタックしてみた、
少し脇腹が痛みなかなか痛みが引かないので木曜日再び病院へ、目立ったヒビは無いが「まだ形成が不十分」…
もう追い込み期は過ぎたので月末のトレイルレースまでは激しいアタックはしないことに決めた。
トレイル試走2
前回のトレイル後2日程は足腰の激しい筋肉痛で歩くのもヨチヨチ歩き、
もっと鍛えないとレースで辛そうだと思い今週も「名栗U字連山スーパートレイルラン」の試走に行った、
今回は8時に家を出て10時にトレイルラン開始、
本来のコースの名栗湖の周回はスキップして白谷沢へ入る、途中登山者集団で渋滞している時に後ろからトレランらしきスタイルの人が後ろから来た、
聞くとレースに出るとの事でAさんと意気投合して一緒に走ることに、
Aさんはレースコースそのままに名栗湖を一周してからきているとの事、東京からの連れのお二人は名栗湖周回をショートカットして先行しているらしい、
沢山の登山者と挨拶を交わしながら最初のピークの棒の峰の見晴らしで先行の2人と合流、
この先のルートは良く知らないとの事なので楽しそうなグループということもありこの先も案内がてら同行させて頂く事にした、
棒の峰から先はアップダウンがさらに激しくなり登山者はほんの数人しか見かけなくなる、
先週の晴れとは打って変わり今日は曇り、高度が高くなると共に霧の中へ、いつもなら絶景の日向沢の峰手前の鉄塔でいったん休憩&補給、
寒くなってきたのでウィンドブレーカーを羽織る、でも日向沢の峰までは急登りなので暑くなる、荷物の上から羽織れる大きなウィンドプレーカーが便利とグループの方が言っていた、参考になった。
最高点の日向沢の峰、ここからは後半という感じ、有馬山に向かってすすむ、途中藪が深い入り口とジープロードの合流点がある藪が深いので有馬峠までの1キロ程をジープロードを進んだ、
有馬峠で大会運営スタッフの方々と遭遇、藪の区間は本大会でもジープロードにするとの事だった、
また、本来300人の定員で募集していたのが予想外に申し込みが多く700名の参加人数に増えたとの事、
駐車場のキャパシティーが心配なので聞いてみたらさわらびの湯の駐車場も使用できることになったらしい、
再び山道に入り有馬山へ向かう、先週は笹を掻き分けて進んだが今日は刈られてあり走りやすくなっていた、大会スタッフの方には頭が下がる、
走りやすく蕨山まですぐにつく、ここからゴールまでは短い登り数箇所で下り中心のテクニカルコース、
有間山からは狭い道はほとんど無く抜き抜かれしやすく自分のペースで行けそうだ、
途中金比羅神社跡で今日も無事戻れた事に感謝して手を合わせてさわらびの湯へ到着。
さわらびの湯近くに戻ってきた時にMTBの二人組みがいたので話してみた所蕨山からここまでの大部分はMTBで下ってこれるとの事、
MTBで走るのも面白そうだ。
同行してくれた3人グループにお礼をいい「またレースでよろしくお願いします」とお別れ、今日は楽しい試走になった、
前回よりも疲れが格段に少ないようだ、少し山に慣れてきた感じがした。

naguriUji.jpg
出場通知
ここ1週間のうちに大島、徳之島、皆生の出場選考通知が来た、
皆生がハズレる可能性があったけども無事当選、
今のところ申し込みをしてハズレた事がないかな?
宮古島も東京マラソンも(東京マラソンは第一回しか応募してませんが)
ハズレた事がないので運は良い方かも、くじ運よりも実力つけたいですが…
トレイル試走
朝起きても先日のLSDで心配だった肋骨の痛みがなかったのでひそかに予定していた月末に行われる「名栗U字連山スーパートレイルラン」のコースを試走しに行くことにした、
エネルギー切れを起こさないようにパスタ2人前を作ってほお張り装備の準備をしているうちに家を出たのが10時過ぎ、名栗に着きトレイルランスタートは13時前、
ちょっとゆっくりしすぎたか、
前月試走したときは10Kmほどの地点で道を外して迷子になり舗装路を見つけて帰還、
今回は地図をもう少し調べてガーミンのGPSマップにもルートをセット、
最初は沢登り、数日雨が降り続いた後なので水量が多くてたまにぬかるみもあった、
今日は暑いので沢が気持ち良い、沢を上り最初のピークの棒の峰を目指す、
棒の峰で小休止、パンを食べてすぐ出発、前回道を失って行けなかった日向沢の峰へ、
今回はすんなりたどり着いた、ここが最高点、すでに15:40、この先は比較的やさしくなり下り基調なので何も無ければ日没には間に合いそうだ、でもまったく人に会わないのでこの時間に山奥にいるのは自分だけのようで心細い、
道を間違えないように、怪我をしないように、熊に会わないように慎重に進む、
先日久しぶりに以下のサイトを見た
「熊遭遇顛末」
これを見ると特に一人での山歩きでは熊対策が必要という意識が芽生える。
熊鈴は最近はつけなくなっていたけども今回は付けてきた、
走ると大きい音でカランコロンと鳴り響いて心地よい、寂しさもちょっとまぎれる。
少し進むと分岐に気づかずいきなり10分程ロス、でもその後は有間山、蕨山、金比羅山と
順調に歩をすすめられた、でも足腰がかなりきつくなってきた、
それでも何とか走りながらさわらびの湯に到着してあとは舗装路を1キロ程で到着なので一安心、
無事駐車場についた、18:10、28キロ、5時間15分程かかった、
肋骨の痛みも酷くならずよかった。
今日はこのまま母の日のプレゼントを持って車で実家へ向かいめでたしめでたし。
LSD&ビール
手首は自転車のハンドルはしっかり握ることができない状態、
ちょっとした衝撃が結構手首に響くのでまだバイク練習はやめておこう、
くしゃみをすると肋骨が痛いので息が上がる練習はちょっと無理そう、
でも練習したいので痛くなったら中断の予定で皇居往復33キロLSD、
天気が良くて気持ち良いがちょっと暑い、
原宿等は人ゴミで走れないところもあったけどゆっくりペースの予定なので
丁度よかった、汗を沢山かいたので思ったよりも水分補給が多かった。
久しぶりのロングランだったので程よく疲れてビールが飲みたくなったので
最近近所にできたベルギービールを多く扱うお店「GIGGLE」へ行った、
先週初めて行ったときリクエストしたウエストマールダブルが入っていたので
早速注文、料理もうまい!
他にもベルギーフリークのお客さんがいるらしくヒューガルデンの白生の
取り扱いを検討している模様…実現してくれたら嬉しい。
激痛
先日のMTBで痛めた手首はシップとアイシングをしていて力を入れられない状態、
それに加え最近軽い喘息もあるので咳をしていたら段々脇腹が痛くなってきて激痛に、
どうやら転倒時に脇腹も痛めていて咳をして痰を切っているうちに悪くしたようだ、
ゴールデンウィーク明けは病院へ行く時間が取れず今日近くの整形外科へ、
手首と胸部のレントゲンをとってもらった、特に目立ったヒビは無いが内出血と
症状からみて細かい損傷があるのではないかとの事…痛みが引くまで
軽いエクササイズ程度にしないと…
ニューバイク
宮古島遠征中、ちばサイクルから「注文していたMTBのフレームが入荷した」とのメールが入っていた。
3月に注文し6月~7月頃に入荷予定となっていたので思ったよりも早く手に入った。

P1000136.jpg
オルベアのアルマ

早く乗りたくてシバゴンに「乗りに行こう~」と連絡、
今回のコースは始めての浅間尾根、まずはロードで浅間の尾根まで上る
重量が軽くなりハードテイルになったので踏み込みやすく登りが楽になっている、
尾根に付き林道へ、入り口がいきなり登りのアタックポイントになっている、
かなり難しそうだけど最初にアタックさせてもらった、
初めての時はダメモトで思い切っていける運よくバランスも崩れず一発クリア、
人が失敗するところを目の当たりにしたり失敗したくなくて緊張するとドツボに
はまってクリアできなくなるポイントだと思う、
またアタックして失敗した後に思い切ってアタックできるかが本当の課題だね。
ともあれニューバイクからのご祝儀という感じで楽しくスタート。
しばらくはやさしい登りとちょっとした担ぎポイントを楽しく進んでいく、
ニューバイクはブレーキの感覚を覚えるのが一番大変、スムーズなブレーキができない、
握りすぎたり慌てて緩めたりしてガクガクする、
岩場の下りで一度大きく転倒して左手をついて手首を傷めた、
終点まで近いので痛みを我慢して進む、それでも岩場を下るのはかなり楽しかった。

P1000138.jpg
アルマ君これからもよろしく、オルカと仲良くね。
にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ にほんブログ村 ゲームブログ ゲーム制作へ